2006年11月18日

差をつけるメモ術・手帳術

出版社/著者からの内容紹介
「備忘録」から「思考ツール」のメモへ。「スケジュール管理」から「時間創造」の手帳へ! 今やできる人が実践している手帳やメモは「思考ツール」として、そして、「時間創造」へと、その役割が変化してきている。なぜか? 単純な話、単なる記録であれば、携帯のメールで十分。しかし、人は書きながら考え、考えながら書く。デジタルの時代の波に乗り、「手で書く」という作業を忘れると、創造力はおとろえてしまう、と著者は言う。
例えば、思考ツールとして、メモや手帳を上手に使うと、仕事面では、時間管理がうまくできるだけでなく、情報収集や企画発想、書類作成の能力もアップする。生活の場面では、誕生日、記念日などを忘れずに行えば家族とのコミュニケ−ションは良好になるばかりか、健康管理、遊びまで、毎日がさらに快適になるという。本書は、メモや手帳の使い方の基本から活用実例を徹底網羅。ライバルに差をつける超テクニックを一挙公開。

内容(「BOOK」データベースより)
この方法で仕事力がつき、自分の時間も豊かになる。今や手帳やメモは記録する以上に、思考ツールとしての役割が大きくなっている。単なる記録であれば、携帯電話のメール機能で十分。しかし、「人は書きながら考え、考えながら書く」と著者はいう。本書は、主に情報ツールとしての手帳、メモについて、基本から活用実例、ちょっとした工夫までを網羅。仕事力をつけ生活を快適にする超テクニック一挙公開。

4569667287差をつけるメモ術・手帳術
大勝 文仁
PHP研究所 2006-11-02

by G-Tools
posted by みっち at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予定を管理する手帳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27731112

この記事へのトラックバック
Powered by Amagle AltADs
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。