2005年01月10日

奇跡のメモ術―ちょっとしたヒラメキをカタチにする!

出版社/著者からの内容紹介
メモというものはこうやって取るもの──などと習った人は少ないだろう。メモは個人がつけたいように自由につけ、書きたいときに自発的に書くものだからだ。だからこそ、さまざまな工夫の余地がある。工夫次第で紙切れにもアイデアの宝庫にもなるのが、メモなのである。本書は、もっとうまくメモを取りたいと考えている人のために、かしこいメモの取り方をいろいろな角度から解説したものである。メモはむずかしいものではない。肩の力を抜いて、とにかくメモってみることだ。すべてはそこから始まる。本書を読まれることで、ちょっとした工夫で仕事がテキパキこなせ、やってみると仕事そのものが面自くなる「メモ術」の魅力を充分に感じていただけ、具体的な仕事のお役に立てることになれば、著者にとって幸甚の至りである。

内容(「BOOK」データベースより)
発想力&企画力&情報力をみがくメモの極意とは?簡単メモを仕事に生かすための33の法則。

内容(「MARC」データベースより)
かしこいメモの取り方33の法則を、いろいろな角度から解説。メモする心構え、メモツールの使い分け方、整理法、応用テクニックなどをわかりやすく教える。

奇跡のメモ術―ちょっとしたヒラメキをカタチにする!
竹島 慎一郎
かんき出版 1997-09


by G-Tools
posted by みっち at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報を保存する手帳
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Powered by Amagle AltADs
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。